くらしのレッスン05

くらしのレッスン

ゲストをお招きして、毎日の暮らしがより楽しくなるためのヒントを教えてもらう「くらしのレッスン」を開催しています。
お出かけや買い物もいいけれど、おうちで手づくりする時間も楽しいもの。
何もなくても、なんでもある。私たちの周りにある豊かな自然を楽しみ、家も、社会も、地球も、より豊かになれますように。

*イベント開催時は駐車場の使用をご遠慮いただいております。お手数ですが、お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。



「植物を愉しむ時間」ユーカリリースとワイヤーオブジェ


梅雨のじめじめを吹き飛ばす、爽やかな香りのユーカリの葉を使った、リースを作りましょう。

■開催日時
2019年7月12日(金)

■時間
13:00-14:30

■定員
8名

■参加・材料費
3,000円

■持ち物
持ち帰り用の袋

■講師
奥田由味子(tasteful planning)

■申し込み
post@saikobo.co.jpまで、お名前、電話番号をお送りください。数日以内に折り返しご連絡いたします。

ゆっくり育つ

新しい観葉植物が届きました、と、 お客様からお家の写真が送られてきました。

セロームという種類の木だそうです。

大きな土間に、大きな木。いいですね。

天井が高いと、こんな楽しみ方もあるのだなぁ。

お庭では、ジューンベリーの収穫も楽しめたそう。

家具や緑が少しずつ増えたり、お子さんが育っていく様子が伝わってきて、嬉しくなるのでした。

取材

先日、 チルチンびとの取材のため、新緑に彩られたお客様のお庭と、お住まいの様子を拝見しに伺いました。

お庭では、ご主人が手作りのピッツア窯で、高温でかりっと焼き上げたピッツアを、さっとご家族に振舞われる姿が、なんとも格好良かったです。

お宅の中は、随所に植物が飾られ、美しい風景であふれています。

家族の写真や思い出の品、読みかけの本、雑多な暮らしの道具などが、グリーンとともに飾られたダイニングの棚が美しく、いつも見入ってしまうんです。

誰もが憧れずにはいられない、ご夫婦の暮らしぶりは、チルチンびと秋号で掲載される予定です。皆様お楽しみに!

屋根づくり

現場へ着くと、大工さんたちは、 屋根をかける作業中。

これで、日差しや雨を遮り、屋外でも快適にお茶を飲んだり、お子さんが遊んだり、DIYにいそしんだりといった、多目的なスペースが生まれます。

細やかな作業も多い大工さんたちですが、やはり柱や梁の構造材を組み立てている時が、生き生きしているように見えます。

今回は、朽ちやすい、通称「牧場風の柵」と、金属製支柱のしっかりとした「板塀」とを組み合わせて制作し、外部の大工作業もおしまいです。

続きは完成見学会にてご覧ください!

くらしのレッスン04

くらしのレッスン

ゲストをお招きして、毎日の暮らしがより楽しくなるためのヒントを教えてもらう「くらしのレッスン」を開催しています。
お出かけや買い物もいいけれど、おうちで手づくりする時間も楽しいもの。
何もなくても、なんでもある。私たちの周りにある豊かな自然を楽しみ、家も、社会も、地球も、より豊かになれますように。

*イベント開催時は駐車場の使用をご遠慮いただいております。お手数ですが、お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。



四季咲きミモザの寄せ植え



一般的に「ミモザ」と呼ばれている「ギンヨウアカシア」と違い、葉が緑で細長く、繊細なイメージのミモザを寄せ植えにします。
コンテナでコンパクトに育てることもできるので、開花するまでの間(2年後くらいになる)、寄せ植えで楽しみます。
花は淡い黄色です。
将来、庭植えにすることもできます。

■開催日時
2019年6月7日(金)

■時間
①午後の部 13時半から
②夜の部 18時から

■定員
8名

■参加・材料費
3,500円

■持ち物
持ち帰り用の袋

■講師
奥田由味子(tasteful planning)


■申し込み
post@saikobo.co.jpまで、お名前、電話番号をお送りください。数日以内に折り返しご連絡いたします。

塀の修復

永年風雨にさらされた玄関前の塀。

経年変化してそれなりの雰囲気を醸しだいていましたが、よく見ると結構傷んできて、ところどころ表面が剥がれ落ちています。

15年前に家を建てていただいた時に、記念にと家族で残された手形もこのままでは剥がれ落ちてしまいそうです。

なんとかならないでしょうかというご相談に、左官屋さんと検討した結果、一度表面を全部剥がし落として塗り直すことになりました。

手形のある部分を残してうまく剥がし、すっかり化粧直しが済んだ塀は、違和感なく周りに溶け込み、ホッと一息胸をなでおろしました。

森のはなし

先日、最高のお天気の中、毎年恒例の森のお手入れ-林業体験-を開催させていただきました。

春の森が人を惹きつけるのか(もしくは山菜の天ぷらや鶏の丸焼きのお昼ご飯の魅力でしょうか)、満員御礼で行うことができました。

毎年、山仕事サークル杉良太郎さんの大学生や、林業家、材木屋、大工さんなどをゲストにお招きして、日本の森について意見交換の時間も設けています。

無事にイベントが終了し、ほっとしているところに、ご自宅を改築後に毎年参加いただいているお施主様より、嬉しいメッセージをいただきました。

「息子が、帰りの車の中で、北山杉と自宅の床の間の話をし始めました。

ついでに、秋田杉、吉野の林業、木曽の檜など彼が社会で学んだことにも広がり、自宅の床の間にはどのような木を使っているのか?

侘び寂び、あめ色になる丸太、自然素材と時間の問題、広葉樹と針葉樹などなど、

小学校の社会見学で見た、町家や自宅のこと、生活空間と森林体験が結び ついたようです。

帰るなり、床の間の材料を見始めて、松と杉の床柱の違いやその部材の直線性や木目を、美しい、と言いました。

彼から、美しいと言う言葉を聞いたのは初めてだと思います。

森林と生活空間、建築史などが、つながっていることに彼なりに気づいたようです。

森林体験を通じて、自ら学んだこと、深く自らの生活環境を学ぼうとしたことこれほど、嬉しいことはございません。

大学生の方々が、ミニ講義をしてくださったことも彼に年齢的に近い大学生だからこそ、余計に身近に感じたのかもしれません。

小中学の理科が、どのように今後、広がるのか、生物学や生態学への広がりも彼の関心事となったようです。

本当に感謝しております。」

我々の思いもよらないところで、とても嬉しい化学反応が起きたようでした。

ぜひまた森へ行きましょう!

くらしのレッスン03

くらしのレッスン

ゲストをお招きして、毎日の暮らしがより楽しくなるためのヒントを教えてもらう「くらしのレッスン」を開催しています。
お出かけや買い物もいいけれど、おうちで手づくりする時間も楽しいもの。
何もなくても、なんでもある。私たちの周りにある豊かな自然を楽しみ、家も、社会も、地球も、より豊かになれますように。

*イベント開催時は駐車場の使用をご遠慮いただいております。お手数ですが、お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。



麻糸で編むプラントカバー


麻糸を使ってザクザクと鉢カバーを編みましょう。
引っ掛けループもつければ、ハンキングとしても楽しめます。タッセルの飾りがアクセントに。
暮らしの中の風景に、手作りのカバーとグリーンを。目に留まる度、にんまり、ほっと心がゆるみます。
「編む」という作業から楽しんでもらえたら嬉しいです。

■開催日時
2019年5月17日(金)

■時間
13:00-14:30

■定員
8名

■参加・材料費
3,000円(植物込み。植物は季節のものになります。)

■持ち物
持ち帰り用の袋、エプロン

■講師
marimo yarn

古本と編み物。京都を拠点に活動。 2015 atelier sango 2018 toritoruにて帽子やレッグウォーマーの展示会開催。その他グループでの出店など続けています。初めての方にも編むことの楽しさを知っていただけたらと思います。


■申し込み
post@saikobo.co.jpまで、お名前、電話番号をお送りください。数日以内に折り返しご連絡いたします。

花を添えて

現場では、丸柱と床材の取り合いをきれいにおさめようと、大工さんがトンカチを握り「うーん」と唸ること、10分ほどでしょうか。

「よっしゃ、入った~」と嬉しそうな声が。

お庭に無事に残すことができた木には、満開の花。


何の木か、実を付けたらわかるでしょうか?

家をとても引き立ててくれていて、ありがたいです。

くらしのレッスン02

くらしのレッスン

ゲストをお招きして、毎日の暮らしがより楽しくなるためのヒントを教えてもらう「くらしのレッスン」を開催しています。
お出かけや買い物もいいけれど、おうちで手づくりする時間も楽しいもの。
何もなくても、なんでもある。私たちの周りにある豊かな自然を楽しみ、家も、社会も、地球も、より豊かになれますように。

*イベント開催時は駐車場の使用をご遠慮いただいております。お手数ですが、お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。



紙箱づくり


春、暮らしが新しく始まる季節、整理整頓しながら気持ちも一新、持ち歩いても可愛い、インテリアにも映える、紙箱を作ってみませんか?

FunFooL 酒井育子さんに、紙箱の作り方を教えてもらいます。
名刺・ショップカードサイズと、ふで箱サイズから選べます。
ご用意した紙の中から、お気に入りの紙を見つけてください。

■開催日時
2019年4月12日(金)

■時間
13:00-14:30

■定員
8名

■参加・材料費
3,000円

■持ち物
持ち帰り用の袋

■講師
酒井育子(FunFooL

紙箱、のし袋、包装紙など、紙にまつわるモノづくりをしながら、 雨の日製作所を拠点に活動しています。
毎月初めの1.2.3(ワンツースリー)には、いろんなテーマの企画で『晴れの日販売所』としてマーケットを開いています。
多様な人の交流がごく自然にできる場を提供したいと考えています。

FunFooLインスタグラム>>

■申し込み
post@saikobo.co.jpまで、お名前、電話番号をお送りください。数日以内に折り返しご連絡いたします。