はじめての設計講座 家づくりストーリー
環境と健康を考えた、気候風土にあう家づくり


土地探し、家づくり、何からはじめたらよいのでしょう?
太陽の光や自然の風、地域の素材を活かした、環境にも健康にもよい家とは、どうしたら作ることができるのでしょうか?
自分に似合う服を探したり、好みの味の料理を作るように、自分たちの暮らしにあった家について、考えてみませんか。

家づくりのはじまりは、分からないことだらけです。
たくさんの情報が出回る中、聞きかじりだけでは、自分たちの暮らしや想いにぴったり合った家をつくることはできません。

家づくりには、省エネ、構造、素材、間取り、動線、たくさんの要素があります。敷地の条件によって、理想の家の形も異なってきます。
全てを理解することは専門家でないとできませんが、施工者にお任せでなく、少しでも自分たちの家をイメージし、
正しく伝えられるようになるために、家づくりの初歩を学んでみましょう。

講師には、分かりやすいお話が毎回好評の建築家、中島祐三さんをお招きします。
先生の手ほどきで、家づくりのはじめの一歩に挑戦してみてください。
敷地の選び方、購入する際に気をつけたいこと、敷地と家との関係など、基本的なお話を頂きます。
家を建てるまでにどのような暮らしや想いがあり、施工者や建築家とのやり取りの中で、結果どのような家ができあがったのか、
実際の家づくりストーリーもご紹介します。

また講座の途中で、採光や通風に工夫を凝らした「平成の京町家」展示住宅を見学します。
京都の無垢の木を使い、自然素材で仕上げているほか、外と中がゆるやかに繋がるサンルームやウッドデッキが魅力です。
イベントの会場であるKYOMOや、平成の京町家の取り組みについて、京都市都市計画局住宅室の方にご説明いただきます。

皆様お気軽にご参加ください。


☆京都型省エネ住宅「平成の京町家」とは?

2030年までに温室効果ガス排出量の40%削減という目標を達成するため、京都市により、「木の文化を大切にするまち・京都」市民会議が設置されました。
これは、森林に恵まれた京都が歴史的に培ってきた木造建築や景観などの「木の文化」を踏まえた低炭素景観の創造を目的として、適正に管理された森の木を建築などに使うことで、持続可能な木材の循環サイクルをつくることを目指しています。
これを実現するためのプロジェクトの一つとして「平成の京町家」が検討・開発されました。

平成の京町家では、内と外、人と自然、家とまちを豊かにつなぎ、
関係づける「中間領域」が空間コンセプトとなっているほか、この中間領域とこれに接する外部空間(庭や道路)とを合わせた空間を「環境調整空間」と呼び、外観デザインや温熱環境調整機能の考え方、コミュニティ形成までを規定しています。

平成の京町家コンソーシアムホームページ



チラシはこちらから>>

講師:中島 祐三さん

田中敏溥氏に師事。後に中島祐三建築設計事務所を開設。修成建設専門学校非常勤講師。
11月13日(日)  
13:00-16:00
平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO ※1
無料

※1 会場へのアクセス
 京都市下京区河原町通塩小路北西角
 ・JR京都駅中央改札口から徒歩約7分
 ・京阪 七条駅出口1から徒歩約8分
 ・ 阪急 河原町駅 市バス「四条河原町」から4,17,205系統にて「塩小路高倉」下車(約10分)
 *平成の京町家普及センター(センターハウス)にお集まりください。
 *駐車場はございません。あらかじめご了承ください。

◆定員:20名

◆お子様のご参加:お子様も一緒にご参加いただけます。簡単なキッズスペースと授乳スペースをご用意しています。