トップページ > 生命の家づくり ー素材へのこだわりー



無垢の木と自然素材


童話「三匹のコブタ」のお話には、ワラの家、木の家、レンガの家が出てきます。物語ではレンガの家が一番いいということになるのですが、果たして今日では必ずしもそうとはなりません。そもそも新しい建材がたくさんあって、素材を説明することすら難しい時代になっています。

彩工房の家は、無垢の木*でできています。地域の森で育ったスギやヒノキを、電気や石油を使わずに、なるべくゆっくりと燻煙乾燥させて使っています。

心も身体も健康でありたい。そのためには、ヒトがずっと生活してきた、自然から得られる素材を、なるべく自然のままの状態で使った空間で過ごすことが、最も適していると考えているからです。

家になってからも呼吸し、人とともに生き続ける「木」という素材に包まれて、思わず深呼吸したくなるような、本当に安心して暮らせる住まいをつくりたいと思っています。

*無垢材とは
大きな一本の木から角材や板を切り出したもの。これに対して、木の小さな破片や薄い板を集め、接着剤などで貼りつけて大きくした集成材、合板、パーティクルボードなどは、加工のしやすいことから、近年急速に広まっています。


健康であるための空間とは


現在、生まれてくる乳児の10人に1人に食物アレルギーの症状が出ています。

喘息やアトピー、花粉症など、ライフスタイルや環境の変化により、様々な現代病が増えています。

私たちは、こうした現代病と住まいとの関係も深いと考えています。

シックハウス(室内空気汚染による健康障害)の主な要因は、高気密な家のつくりによる換気不足、そして建材などに多用される有害な化学物質です。

建材、家具、接着剤、防腐剤など、身近なものに使われている化学物質は、長年にわたって人体に影響を与え、やがては様々な症状を引き起こす可能性があります。

彩工房では、建材、塗料、接着剤に至るまで自然素材をベースに、有害な化学物質が悪影響を及ぼさないことを目標に家づくりを行っています。

構造から内装、押し入れ内部など、細部にいたるまで、国産の無垢材で仕上げ、有害な化学物質を放散する合板は使用しません。

すべての素材にメーカーからSDS(製品安全データシート)を入手し、安全性を確認した上で採用しています。

高気密な家は換気不足によって結露が発生し湿気やカビ、ダニを増加させ、アレルギー性疾患を招きかねません。

無垢材や自然素材は調湿性に優れ、空気をきれいに保ってくれます。さらに彩工房では、地域の森林組合や製材業者との信頼関係により、良質な国産材によって木の家を安心な価格でご提供することができます。


心を育む家


湿った春の風、刻々と変化する夕暮れの光、夕立の土の匂い、そうした自然に触れた、ふとした瞬間、なぜか懐かしさがよみがえってきます。子どもの頃に誰かとそれらを共有した時間は、かけがえのないものだったのかもしれません。

私たちは、人間の持つ自然感覚を大切にしたいと考えています。

なぜなら、感性は人が本来ある自然との接触のなかで磨かれるからです。そして、感受性が豊かでなければ周囲の人に気づかいができるような人間は育ちません。周囲の気配を感じ、人の気持ちがわかる。

空調や家電製品、ゲーム機など人工物があふれた、ものの豊かな現代でなお、自然環境と折り合って生活する知恵を働かせることが、心の豊かな人を育てるのではないでしょうか。

相手を思いやる気持ち、人の痛みが分かることこそが、人生を幸せに導いてくれるのです。

窓からの眺めや庭からの風、香り、虫の音は暮らしのあり方に変化を与えます。

そのため土間や縁側、デッキなどの外と家の中をつなぐ中間的な空間を大切にし、天候や季節の変化を五感で感じることのできる家づくりに取り組んでいます。



単に部屋数や広さだけではなく、家族の語らいをどう考えるか。

家族や友人、ご近所を思いやり、快適に心からくつろいで過ごせる空間とはどのようなものか。

薪ストーブなどは単に暖かいというだけでなく人が集まり格好のコミュニケーションツールとも言えます。

子供たちの成長に合わせた部屋の使い方はどうすればいいのか。

時には汚れを気にせず趣味に興じられるスペースや、気持ちを集中することのできるスペースはどう配置するのか

より積極的に暮らしを愉しみ、心の豊かな暮らしが営まれる空間を、お客様と一緒に考えたいと思っています。

燻煙熱処理 >