よい家は住む人が健康に暮らせる家。健康とは心も体も健やかな状態のこと。
素材は木が適している。人はかつて森林に棲んでいたから。
いまも森林が人にとって大切なことは変わらない。
森林は今も人が生きていくために必要なものをたくさんつくりだしてくれている。
だから森林も健康であるように守りたい。

家がならぶと町になる。町は美しいほうがいい。
ひとつひとつの家が美しいと町が美しくなる。美しい町は美しい人をつくる。
美しい人は心が優しい。心の優しい人が住む町は美しい。

四季は暮らしに彩を添える。さまざまな地域のさまざまな風土にあった草花や虫たち。
年々歳々、人も季節にあわせて暮らしを営み、
その暮らしのひとつひとつが屋根の下の大切な玉手箱。
よい家をつくる。それぞれの暮らしが永く刻まれるよい家をつくる。


 
「 小さな庭 」 2018年11月09日(金)  

事務所に小さな庭ができました。 土のスペースは1坪ほどですが、植物が入るとずいぶんと印象が変わるものです。 大きな鉢を使い高低差をつくり、落葉樹のマルバノキや常緑のギンバイカをいれています。 全てを舗装せずに、少し緑のス …続きを読む





12月9日
焚火をかこんで 薪割大会
冬の恒例イベントが今年もやってきます。焚火をかこんで、思い思いに冬の一日を楽しみましょう。