完成宅のご案内 人生を愉しみ直す家

人生を愉しみ直す家

illust

仕事も子育てもひと段落したら、毎日何をしたい?何をして生きたい?

野菜を育てたい
木に囲まれて暮らしたい
友人と語らいたい
ペットと暮らしたい
映画や音楽を楽しみたい
家と庭で、ゆっくりと毎日を愉しみたい

周囲には、なるべく迷惑を掛けずに
他の人の陽当たりは奪わずに
小さくこじんまりと、小人のように暮らしたい

小さな家は、省エネルギー
壁体内通気工法により、自然の力で冬は暖かく、夏は涼しく
太陽光発電と太陽熱温水器で、エネルギーは自給して
なるくべ環境に負荷をかけずに暮らしたい

小さな家だからこそ、収納はたっぷりと
キッチンも、木とステンレスでつくりたい
デザインはシンプルが一番

国産無垢の木と自然素材に囲まれた、気持ちのよい空間です。皆様ぜひご体感ください。

illust
■6月13(土)14(日)15(月)10:00-17:00

・お申し込み時に、ご希望の見学日時をお伝えください。
・1時間に1組ずつのご予約制です。他のお客様と重ならないよう配慮しております。
・お施主様のご厚意により、ご入居前のお宅を見学させていただきます。十分にご配慮いただきますようお願いいたします。

■会場 大津市坂本

・お申込み時に、詳細をご案内いたします。
・京阪石山坂本線「坂本比叡山口駅」より徒歩5分程度です。


チラシはこちらから→

■お申込み・お問合わせ

彩工房

時節柄、1時間に1組の完全予約制でのご案内とさせていただきますので、前日までにお申し込みをお願いいたします。

5月30日(土)より受付を開始します。

地鎮祭

ご夫婦が、二人でゆっくりと暮らすための平屋。

こじんまりと、でも心は込めて、地鎮祭が無事に終わりました。

お施主様のお子さんは、実は12年前に建てさせていただいたお施主様でもあります。

築12年の家のお隣りに、新しい家が建ちます。

実際に長い間住んでいただきながら、もう一度お選びいただけるほど嬉しいこともありません。

毎日暮らす中で、いい家だなぁ、と思ってもらえるように、背筋も伸びて、家づくりに取り組む用意はさあ整いました。

山笑う

足場が外れた現場では、外観が現れました。

低い屋根の家だから、比叡の山の新緑を、庭からもよく眺めることができます。

ここからは、ウッドデッキや板塀などの外構工事が進んでいきます。

続・木の香り

施工中のお客様が、工事で出てくる木の切れ端を、お友達に少しお裾分けされました。

その後しばらくして、心温まるご連絡をいただいたので、ご紹介します。

「端材を持って行った友人夫妻が言っていたことを補足すると、家の窓を開けるたびにいい香りがする、こんな木を使った家に住むのはどんなにいいだろう、という感想でした。

匂い、香りは、直観に訴えてごまかしようがないので大変重要で、私たちがみたいろいろな工務店さんの家でも、入るなり、塗料なのか接着剤なのか、化学物質臭がしたところがよくありました。

自然素材とか、自然の木材とかを売りにしているところしか、行っていないはずなのに。

そこで彩工房のために、「香り」をキーワードにキャッチコピーを作ってみました。ご笑覧ください。

無垢の木の香る家
無垢材の自然な香り
森の香りに包まれた家 」

まさかキャッチコピーを考えていただけるとは!

工事中から包まれる、木のよい香り。本物の無垢材を切ったり削ったりすることで、出てくる香り。そういった素材でできている家の気持ちよさ。

これをお伝えするのがなかなか難しいのですが、これからもコツコツと発信していきたいと思います。

木の香り

不安なニュースが行き交う毎日です。

現場では、大工さんが粛々と家づくりを進めてくれています。

今日も、気持ちの良い木の香りにホッとさせられます。

【中止】森のお手入れ 林業体験

*今年の林業体験は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、中止とさせていただくことになりました。予定されていた方は誠に申し訳ありません。大変残念ですが、無事に開催できる日がくることを祈っています。

森のお手入れ 林業体験

photo

お箸にお椀、家具から家まで、私たちの身の回りには、たくさんの木が使われています。
こうした木がどこでどのように育っているか、ご存知ですか?

水の豊かな日本の国土の7割は森林。
そこでは多くの木がすくすくと育ち、たくさんの生きものを育んでいます。

特に建築の材料として植えられている木は、まっすぐで大きな良い材となるように、植林したときから、たくさんの手間をかけて育てられます。
私たちが京都の森に10年前に植えた500本の木たちも、ようやくかわいい小さな幼木に育ってきました。
家を建て、木を消費する私たち工務店が、伐採した跡も再び木を植え、森を循環させていきたい、という思いで植えた木です。

今年も、幼木に大きな節ができないように、枝打ちを行います。
森を流れる気持ちの良い小川のほとりで、ご飯を炊いて、お昼を食べます。
アウトドア初心者の方からお子様連れまで、どなたでもご参加いただけます。

運がよければワラビやタラの芽も採れそうです。その場で天ぷらにしましょう。
生物のエネルギーが沸き立つ春の森は、踏み入るだけで元気がでます。
皆さまぜひお越しください。



■とき
 
2020年4月19日(日)10:00-15:00 *小雨決行
■ところ
 
「彩の森」京都市北区大森西町

 ・地下鉄・JR二条駅より車で約30分。
 ・詳しい集合場所は、お申し込み時にお伝えします。
 ・公共交通機関でお越しの方は、ご相談ください。
■参加費
1,000円/名
  ・小学生以下無料。
・山菜の天ぷら、ダッチオーブン料理、ご飯のお昼代および保険代を含みます。(昼食の内容は、変更する可能性があります)
・コップ、箸、お皿を持参された方は、参加費から100円引き致します。
■定員
20日名

チラシはこちらから→

 

ご来場ありがとうございました。

お施主様のご厚意により、見学会を開催することができました。
なにかと不安の多い時期でしたが、一組ずつのご対応とさせていただき、無事に開催することができました。

皆様ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

「こういう空間っていいよね」「こんな風に使えると便利だな」

いつも私たちがウンウンと頭の中で考えていることを、お客様と共有できる、私たちにとっても愉しい時間でした。

彩工房の家は、かたちから色見まで、お客様に合わせてつくっていきます。

「私にはこれは要らないな」「自分の家なら、もっとこんな風にしたい」

お客様にとっても、欲しい家を見つける手掛かりとなれば幸いです。

現場では最終撮影。いよいよお引き渡しとなります。

和風門

外構工事の進む「岡崎の家」。

和風門をつくっています。

「昔はよく門をつくったもんだ」と満足気な大工さん。

木組みの美しさは、毎日目に触れるものとなります。

完成までもう少しです。完成見学会でお待ちしております。

【3/7開催】植物クラフトワークショップ&お庭の教室

お庭の楽しみは、眺めるだけではありません。
剪定して出てくる枝葉や木の実を使って、リースやかご、オブジェをつくる、飾る、香りを楽しむなど、無数の愉しみが生まれます。
テラリウムやwireを添えれば美しいアートに姿を変えて、お部屋の空気も変わるかも。
大人のための、お庭を愉しむ講座。お庭のない方も、植物に触れるひと時をぜひ愉しんでください。

3/7(土)
剪定木の枝のオブジェ
5/30(土)
いろいろな苔 苔テラリウム
7月
ハーブの香を 梅雨前の剪定ハーブのクラフト
9月
つる×wireのかごづくり
11月
落ち葉のリース Xmasのオブジェ

11:00-12:30
参加費 4,000円
会場  sai GALLERY


お庭はあるけれど、どうしたら良いのか 分からない、長年放置してどこから手を付けたらよいのか分からない、体力が落ちてきたので管理をラクにしていきたい、等のお庭に関する悩みを持ち寄り、理想のお庭に自分で近づけていくための教室です。
問題点を探るところから、イメージづくり、実際の施工や植栽へのサポートを行います。

13:30-15:30(植物クラフトワークショップ終了後)
参加費 1,000円(植物クラフトワークショップ参加者は無料)
会場  sai GALLERY


講師 奥田 由味子

ガーデンデザイナー/ 園芸療法⼠/ ワイヤークラフト作家/ Green Hospital Projectホスピタルガーデナー 建築設計事務所、ガーデンショップ、造園設計施⼯会社勤務を経て、ガーデンプランニング、植物コーディネイト、植物クラフト製作など植物との関わりを持って活動する。園芸療法⼠の資格取得後、病院のデイケア、介護施設等で 利⽤者の⽅達と植物と共に過ごしながら、多くの施設に植物がとりいれられる環境づくりを⽬指し⽇々奔⾛。

参加をご希望の方は、myok@maple.ocn.ne.jpまでご連絡ください。