棟梁の早業

大規模改修の解体工事が始まりました。

家をつくるのも速い大工さんたちですが、解体も、もの凄いスピードです。

 

なんだか棟梁の動きが速いな、、、と、よく見ていると、ん!

脚立を足で操り、脚立から降りずに空中を移動しているではないですか(写真左)。

 

先の読みにくい、期待と不安の入り混じる改築工事。

どうか無事、安心してお客様に引き渡すことのできる家になりますように。

 

 

 

日よけ

毎日暑い暑い。

経験したことのない暑さに、新しい時代の到来をうっすらと感じます。

 

お客様から、テラスへオーニング設置のご依頼をいただきました。

上からと横からの日差しを遮ることのできる、可動式のオーニングです。

なるべく厳しい日差しを避けて、風を通したい。

グリーン色が、暗すぎず、明るすぎず、ちょうどよい明るさとなりました。

暑さをどうかわしていくのか、これからの人類の大きな課題になりそうです。

 

解体

たくさんの思い出を胸に、古い家とのお別れです。

職人さんたちは、暑さと闘いながらの解体作業が始まります。

この桜の景色とも、しばしのお別れ。

新しい家では、ダイニングから眺められる予定です。

 

お餅つき、お花見、梅干しづくり。楽しい想い出は、次の家に受け継がれます。

事務所に棟梁が

ここ数日、事務所に棟梁がいます。

トントン、とくぎを打つ音。ビーン、と木を削る音が、一日中響いています。

 

実は縁あって、事務所のお隣にギャラリースペースを作ることとなりました。

ここに窓ガラス、ここにドア、と、ひょいひょいと作っていく、まさに自由自在の棟梁。うらやましくなります。

写真を撮っていたら、服脱ごうか?と言ってました。。。

 

先日建築現場をご案内したお客様が、木の香りを喜んでくださっていました。

 

彩工房の家は、基本は合板を使わないので、建築現場には木のアロマが漂っています。

 

家は木でできている、事務所も木でできている、当たり前だけれど、なかなか忘れてしまいがちです。

読書スペース

完成から9年経ったお宅のリフォームです。

薪ストーブの煙突と、飾り棚のある吹き抜けスペースに、お施主様のアイディアで、読書スペースとなるベンチを作成させてもらいました。

これは、新築時の様子。杉の床板は、まだ白太(しらた)と赤身(あかみ)の色合いがハッキリしていますね。

 

こちらは現在の様子です。飾り棚が可愛く飾られています。

そして、でき上がったベンチがこちら。手すりを一部取り外して造りつけています。

二階の廊下に、楽しい読書スペースの完成です!

 

楽しい思い出を

できる限り自然素材にこだわった、マンションリフォーム。

子育ての大切な思い出が詰まった部屋が、週末に大人が楽しむための場として生まれ変わりました。

グリーンを望める窓を主役にした、無垢板の床が気持ち良い、大空間が広がります。

実は、この空間は3部屋に区切れるようになっています。

まずは襖を引き出すと、個室ができます。

さらに中央にあるカーテンを引くと、3つの部屋に分かれることになります。大人数でも泊りがけで楽しむための工夫です。

 

玄関周りの様子。

下駄箱にスライド式のコート掛け、ベンチ、

手すり、カバンを掛けられるシェーカーペグといった工夫がたくさんあり、充実しています。

今回設計されたのは、田中ナオミアトリエの田中さん。とってもポジティブな田中さんに、こちらまで元気をいただきました。

これからも楽しい思い出が、どんどん作られる空間になりますように!

上棟式

先日、雨の合間をぬって、無事に上棟させていただきました。

台風の影響もあり、まさかのすっきりとした青空。

屋根の上の大工さんたちは「アチ~」とバテ気味でした。ありがたいです。

なんと言ってもこの眺め。棚田の緑が見渡せて気持ちいい。

屋根の上の大工さんたちから見える景色は、どんなものなのでしょうか。

 

夕暮れ。

二階のカウンターデスクから、この景色を望むのが楽しみです。

雨のお宅訪問

梅雨に入りましたね。

常に洗濯物の状態が、頭の片隅に居座る季節。

 

しとしと雨降りの中、2組のお客様と、OB様宅を見学させていただきました。

築7年のお宅。

深い軒のおかげで、雨が降ると、より落ち着いた雰囲気となるLDK。

屋根に守られている安心感。お庭の木の葉に雨が落ちると、森の中にいるような感覚です。

軒下のデッキのブランコも、子供さんがとても気に入っておられる様子でした。

玄関周りは、床の木がよい色に焼けてきて、優しく迎え入れてくれるような空間です。

暮らしをとても大切にされている様子を見せていただきました。どうもありがとうございました。

お皿の背景

楽しかった連休も終わり、お休みモードを忘れて一気にテキパキとした一週間。

さて、連休の間には窯元さんを訪ね、かわいいお皿をゲットしました!

お皿を手にした後は、一緒に買いに行った友人と、お皿に何をのせようかとあれこれ想像しながら、友人の住む都心のマンションへ。。。

ふと、ツルツルとした樹脂の食卓に置くと、おや?全く別の器のように見えます。

無垢板の上に陳列されていたので、なんだか雰囲気が違うね、と。

その後、どうやって食卓天板を無垢板に変えたらよいか、DIYでできないか、ご主人と頭を絞っていました。

 

素材の持つ微細な凹凸が、光を反射する様子が、自然素材どうしは似ているのでしょうか。

と、改めて木と土との相性の良さを実感した、連休でした。

春うらら

突然バーン!と訪れた春。

一気に開花した桜を横目に、検討中のお客様と一緒に、ご入居済のお宅へ見学に伺いました。

お庭にたくさん植えられた花や、木の新芽は、ずっと眺めていたい可愛らしさです。

 

そう言えば冬の間に、昨年ご入居いただいた、別のお宅に木を植えさせてもらいました。

昨年末に二人目のお孫さんが誕生され、おじい様が記念植樹をしようという提案をされた木です。

お家を検討されていた頃には、ハイハイしていたご長女の分も合わせて、しだれ桜と杏子の木を2本植えました。

写真は殺風景ですが、今頃は芽吹いているのではないでしょうか?

お子さんたちがこの二本の木にあやかって、すくすくと成長されますことを願うばかりです。