【中止】森のお手入れ 林業体験

*今年の林業体験は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、中止とさせていただくことになりました。予定されていた方は誠に申し訳ありません。大変残念ですが、無事に開催できる日がくることを祈っています。

森のお手入れ 林業体験

photo

お箸にお椀、家具から家まで、私たちの身の回りには、たくさんの木が使われています。
こうした木がどこでどのように育っているか、ご存知ですか?

水の豊かな日本の国土の7割は森林。
そこでは多くの木がすくすくと育ち、たくさんの生きものを育んでいます。

特に建築の材料として植えられている木は、まっすぐで大きな良い材となるように、植林したときから、たくさんの手間をかけて育てられます。
私たちが京都の森に10年前に植えた500本の木たちも、ようやくかわいい小さな幼木に育ってきました。
家を建て、木を消費する私たち工務店が、伐採した跡も再び木を植え、森を循環させていきたい、という思いで植えた木です。

今年も、幼木に大きな節ができないように、枝打ちを行います。
森を流れる気持ちの良い小川のほとりで、ご飯を炊いて、お昼を食べます。
アウトドア初心者の方からお子様連れまで、どなたでもご参加いただけます。

運がよければワラビやタラの芽も採れそうです。その場で天ぷらにしましょう。
生物のエネルギーが沸き立つ春の森は、踏み入るだけで元気がでます。
皆さまぜひお越しください。



■とき
 
2020年4月19日(日)10:00-15:00 *小雨決行
■ところ
 
「彩の森」京都市北区大森西町

 ・地下鉄・JR二条駅より車で約30分。
 ・詳しい集合場所は、お申し込み時にお伝えします。
 ・公共交通機関でお越しの方は、ご相談ください。
■参加費
1,000円/名
  ・小学生以下無料。
・山菜の天ぷら、ダッチオーブン料理、ご飯のお昼代および保険代を含みます。(昼食の内容は、変更する可能性があります)
・コップ、箸、お皿を持参された方は、参加費から100円引き致します。
■定員
20日名

チラシはこちらから→

 

ご来場ありがとうございました。

お施主様のご厚意により、見学会を開催することができました。
なにかと不安の多い時期でしたが、一組ずつのご対応とさせていただき、無事に開催することができました。

皆様ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

「こういう空間っていいよね」「こんな風に使えると便利だな」

いつも私たちがウンウンと頭の中で考えていることを、お客様と共有できる、私たちにとっても愉しい時間でした。

彩工房の家は、かたちから色見まで、お客様に合わせてつくっていきます。

「私にはこれは要らないな」「自分の家なら、もっとこんな風にしたい」

お客様にとっても、欲しい家を見つける手掛かりとなれば幸いです。

現場では最終撮影。いよいよお引き渡しとなります。

和風門

外構工事の進む「岡崎の家」。

和風門をつくっています。

「昔はよく門をつくったもんだ」と満足気な大工さん。

木組みの美しさは、毎日目に触れるものとなります。

完成までもう少しです。完成見学会でお待ちしております。

【3/7開催】植物クラフトワークショップ&お庭の教室

お庭の楽しみは、眺めるだけではありません。
剪定して出てくる枝葉や木の実を使って、リースやかご、オブジェをつくる、飾る、香りを楽しむなど、無数の愉しみが生まれます。
テラリウムやwireを添えれば美しいアートに姿を変えて、お部屋の空気も変わるかも。
大人のための、お庭を愉しむ講座。お庭のない方も、植物に触れるひと時をぜひ愉しんでください。

3/7(土)
剪定木の枝のオブジェ
5/30(土)
いろいろな苔 苔テラリウム
7月
ハーブの香を 梅雨前の剪定ハーブのクラフト
9月
つる×wireのかごづくり
11月
落ち葉のリース Xmasのオブジェ

11:00-12:30
参加費 4,000円
会場  sai GALLERY


お庭はあるけれど、どうしたら良いのか 分からない、長年放置してどこから手を付けたらよいのか分からない、体力が落ちてきたので管理をラクにしていきたい、等のお庭に関する悩みを持ち寄り、理想のお庭に自分で近づけていくための教室です。
問題点を探るところから、イメージづくり、実際の施工や植栽へのサポートを行います。

13:30-15:30(植物クラフトワークショップ終了後)
参加費 1,000円(植物クラフトワークショップ参加者は無料)
会場  sai GALLERY


講師 奥田 由味子

ガーデンデザイナー/ 園芸療法⼠/ ワイヤークラフト作家/ Green Hospital Projectホスピタルガーデナー 建築設計事務所、ガーデンショップ、造園設計施⼯会社勤務を経て、ガーデンプランニング、植物コーディネイト、植物クラフト製作など植物との関わりを持って活動する。園芸療法⼠の資格取得後、病院のデイケア、介護施設等で 利⽤者の⽅達と植物と共に過ごしながら、多くの施設に植物がとりいれられる環境づくりを⽬指し⽇々奔⾛。

参加をご希望の方は、myok@maple.ocn.ne.jpまでご連絡ください。

上棟

大工さんたちのファイトにより、無事に上棟することができました。

大工さんたちのように身軽に屋根に上れない私たちは、梯子を使って後日二階からの眺めを拝見。美しい比叡の山が目の前に望めます。


写真上部に見える木枠は、越屋根の換気口。ワイヤーを使って扉を開閉でき、夏は熱気を屋外へ放出し、冬は閉じて暖かい空気を逃さないようにします。

お施主様には、現場を包む木の香りをお喜びいただけました。

壁や屋根がボード類で覆われる前の躯体の段階では、家が木でできていることが一目で分かります。

ここからは、木工事と並行して配管や配線の作業が続きます。

無垢の木の家 完成見学会

岡崎の家

無垢の木でできた玄関扉を開くと、目に飛び込んでくるのは中庭テラスの緑。
すっきりと品のある玄関からは、そのままキッチンパントリーや玄関収納へと土間が続きます。

和室やリビングに囲まれたテラスでは、バーベキューやお子さんの水遊びなどが楽しめるほか、季節を感じながら縁台に腰かけてお茶やお酒を楽しむことも。
スギ板が張られたリビング天井には、屋根の形がそのまま現れ、屋根に守られた安心感が得られます。
リビングの天井は斜めにゆったりロフトへと伸びていき、天井の高さに変化が生まれ、面白い内部空間に。

国産の無垢の木と、光を美しく反射させる珪藻土の塗り壁を基本とした、主張し過ぎないシンプルなデザイン。
オーダーメイドのナラ材のキッチンや、クリ材の敷台など、無垢の木の良さを随所に感じることができます。

通りに面した外壁は、焼杉板張りの落ち着いた和の雰囲気。
壁体内通気工法により、冬は家の周囲の熱を逃さず、夏は換気口から熱気を外へ追い出します。

自然素材に囲まれた、気持ちのよい空間です。皆様ぜひご体感ください。

■3月19(木)20(金・祝)21(土)22(日)10:00-16:00

・お申し込み時に、ご希望の見学日時をお伝えください。
・新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、30分に一組ずつのご案内とさせて頂きます。
・チラシの曜日の表記が誤っておりました。正しくは上記の曜日となります。

■会場 京都市左京区

・お申込み時に、詳細をご案内いたします。
・市営地下鉄東西線「東山駅」より徒歩15分程度です。

チラシはこちらから→

■お申込み・お問合わせ

彩工房

予約制でのご案内とさせていただきますので、前日までにお申し込みをお願いいたします。

タイル工事

洗面台の水がかり部分に、かわいらしいタイル。

複雑な形ですが、タイル屋さんにきれいに貼ってもらうことができました。

キッチン後ろの壁面もタイルです。ナラ材のオーダーキッチンのバックボードとよく合いそうな色味。

キッチンを据え付けると、どんな雰囲気になるのか楽しみです。3月に予定している完成見学会で、ぜひご覧ください。

木製看板

一年前にお引き渡しをしたお客様のお宅。お家の一角でコーヒー豆のお店を始められました。

看板のご相談を受け、一緒にお店のイメージを考えながら、無垢材で製作しました。真鍮等の金属も取り入れて、無事に取付完了です。

私たちがいつも手掛けている住宅と異なるため、少し視点を変えて取り組ませてもらいました。ご主人のほんわかとしたお人柄にピッタリと合う看板となったように思います。

あとはもう少しローリエの木が伸び、鉄のバーからグリーンが垂れるようになれったら出来上がりです。

ぜひ立ち寄って見てくださいね。→おうちでコーヒーるるる

オーダーキッチン

昨年末に、オーダーキッチンの打ち合わせに行ってきました。

ちょうど2年前に秋田から取り寄せ、 工作所で燻煙熱処理してストックしていた楢材を、木工屋さんに持ち込み、キッチンカウンターとバックードに加工してもらいます。

原材をプレーナーに掛けるときれいな木目が浮かんできて、節もまたなんとも生き生きとして、二つとないキッチンに姿を変えてくれそうです。

綿密に木どりして剥ぎ合わせ、引き出しや扉、側板、カウンターに加工していきます。いよいよ楽しみです。

【終了】森かおるさんと、美味しいお話し会

森 かおるさんと食卓を囲んで話す、毎日のごはんづくり
-美味しいお鍋のつくり方-

まずはかんたんで美味しいダシのとり方を覚えて帰ってくださいね。- (森 かおる)


まだまだ寒い冬の夜に嬉しい、おいしいお鍋のつくり方を教わります。

コツさえ掴めば、実は簡単にできるダシのとり方を覚えていってください。

触感や見栄えの変わる、食材の切り方、盛り付け方で、日々の食卓をより華やかに。

おうちでつくれる、簡単でほんものの味を体験しましょう。



■講師 森 かおる さん



京都・大山崎町にある料理教室と生活雑貨の店「Relish」主宰。

教室では旬の野菜をたっぷり使ったレシピと、毎日のごはんづくりがおいしく楽しくなる工夫、そして安全な「食」へのはじめの一歩を伝えている。

各地で講座を行うほか、雑誌等にレシピやコラムを提供。

昨年Relish食堂も昨年オープン。

著書に「やさしいおだしの教室」(光村推古書院刊)、「日々のお弁当図鑑」(アノニマ・スタジオ)など。


■MENU
3種のお鍋
 < 定番寄せ鍋 ・豆乳みそ団子鍋 ・ハーブが香るトマト鍋 >
■とき
2020年2月22日(土)11:00-13:00
■ところ
sai GALLERY

京都市山科区四ノ宮大将軍町15

・JRおよび地下鉄「山科駅」より徒歩12分
・京阪「四宮駅」より徒歩1分
*駐車場はありませんので、お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。
■参加費
2,000円/名
お料理のデモンストレーションとお話、お鍋の試食付き。小さいお子様連れの方もご参加ください。託児はありませんが、スタッフが一緒に見守ります。かんたんなキッズスペース、授乳スペースもご用意します。
■持ち物
ハンドタオル、エプロン、筆記具
■定員
12名

チラシはこちらから→

*お子様連れのご参加を多数いただいております。会場の限りがありますため、現在お子様連れでのご参加は受付できません。誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承ください。なお、受付をされた方には、確認のメールを後程お送りします。既に定員に達している場合には、ご迷惑をおかけいたします。

受付は終了しました。